2007年08月26日

どろろ

この前友達とどろろのDVD借りて見た
個人的にあまりおもしろくなさそうな臭いがぷんぷんした
見てみるとやっぱりつまらなかった

まず最初の30分ぐらいで話の設定が説明される
主人公はどんなんで、そんで今からこういう旅にでて…
この時点でラストまでのストーリーがほぼ読める(原作とかはまったくよんだことないです)
そんでもって実際その予想を見事なまでに裏切らないで話が進んだ
予想外だったのは瑛太が出てきたことぐらい

なので非常につまらなかった、この先はどうなるのかといったわくわく感がまったくなかった

ただ物語の展開的には別に問題はないと思う、あくまで王道的に進んだ気がする
だからチープな感じがするとか、話の意味がわからないといったつまらなさではない
この映画がおもしろいという人がいてもまあおかしくはないとは思う

役者の演技についてあまり詳しくはわかんないけど、妻夫木くんは相変わらずかっこよかった、衣装も似合ってた
柴咲コウは演技に無理があった気がするが、演じる役の設定を考えるとそれも含めてあれでよかったのかもしれない

ちなみに俺の友達の評価は戦闘シーンがきれいでよかったという人が一人
最初の30分の設定の間に我慢できずにワンセグを見出し、そのままずっとワンセグを見ていヤツが一名
ちなみに彼が見ていたのは24時間テレビの熱湯コマーシャル、彼には妻夫木君の刀のサビにでもなってもらいたい

まあまとめると個人的にはかなりつまんなかった映画でした
posted by たろう at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。